ケーキの切れない非行少年たち

少年犯罪のニュースが報道されるたびに

「この少年・少女は、どんな人生を歩んできたのだろう」

と思うことは少なくないですね。

私自身も、保護者支援や子ども家庭福祉の講義を持つ中で

「非行」や「不登校」についても考える機会が増えています。

今回お勧めする本はこちら
「ケーキが切れない非行少年たち」です。

「ケーキが切れない」と聞いて、「親の関わりが乏しく、誕生日を祝ったことがない子どもたちの話だろうか?」と思い、購入しました。

しかし…内容は全く別の話でした。

筆者は、児童精神科医であり、多くの非行少年たちと出会ってきました。彼らと接するうちに「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気がつきます。
少年院には、物事を認知する力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら想像出来ない非行少年が大勢います。
「見る力」「聞く力」「書く力」「話す力」が弱いため、考える以前に大きな問題があるのです。
この問題は、普通の学校でも同じなのだということに根深さを感じます。人口の十数%いるとされる「境界知能」である人々に焦点を当てることで、困っている「こと」発見し、必要なスキルを身につけていくための道を探っていく本です。

図2-1.2-2 は3等分、2-3,2-4は5等分を表した図。

この本を読んでいると、被害者が被害者を生む悪循環の構図が見えてきます。
被害者を出さない方法は、子どものサインに気付くことだそうです。

サインの出始めは小学校2年生頃からだといわれています。
主なサインはこの通りです。

・感情コントロールが苦手ですぐカッとなる
・人とのコミュニケーションがうまくいかない
・集団行動ができない
・忘れ物が多い
・集中できない
・勉強のやる気がない
・やりたくないことをしない
・嘘をつく
・人のせいにする
・じっと座っていられない
・身体の使い方が不器用
・自信がない
・先生の注意を聞けない
・その場に応じた対応ができない
・嫌なことから逃げる
・漢字がなかなか覚えられない
・計算が苦手


保護者支援には、直接的な「How To」も必要です。

そして「いろいろな見え方がある」「もしかしたら…」という視点を持つだけで、保護者への関わりや子どもへの眼差し、関わりの種類に幅を持たせることにつながります。

様々な本や記事を読み、園内で共有しながら、スキルアップをして行きましょう。

2020.07.18 がじゅまる情報局