人参?指一本?

『保護者支援・子育て支援』のZoom講座は「離乳食の進め方」についてのお悩みが多く寄せられました。


何故こんなに、離乳食の進めかたに心配事が多いのだろうと考えてみたところ…

お母さんたちと、保育士の時間の捉え方に大きな違いがあることを発見!

考えてもみると、本の1〜2年前まで、
「子どもと暮らすこと」どころか
「家事をすること」すら
ほとんど経験したことのなかった人が
「親」として暮らし始め
赤ちゃんのペースに合わせながら生活している。のです。


1~2年というと、
小学生で言えば1年生と3年生。

自分の人生で眺めてみると、
「その間にこれだけの成長をしないと…思うと、
なかなかしんどいなぁ」
というのが本音です。

しかも、保育園に通っているお子さんの親御さんとなると、
仕事を持っていることが大半。

子育てしながら働くことを
始めたばっかり。(まずは夜泣きに、保育園の準備に、育休からの復帰に慣れなくては…)

保育園にお迎えに行くなり、
矢継ぎ早に子育てのことを言われても、
まだ頭がパンパン!


そんな、心の声が聞こえてくるお母さん、いませんか?

きっとそのお母さんの中には、
2人の私がいて…

使い分けながらも、
工夫や経験によって、一つの輪になっていくのです。
そのために支援が「保護者支援」だと思いませんか? 
=キャリアアップオンライン研修ー保護者支援・子育て支援 より=

そんな時にやってくるのが、離乳食!

あと1年後なら、少し育児にも慣れて、
保育士さんからのアドバイスも聞けるのに…

とはいっても、
子どもの成長は待ったなし!
1年経った頃には、「イヤイヤ期」真っ只中です。


そして今回

キャリアアップ 研修の保護者支援・子育て支援のZoomで学んだこと…


育休中で受講されている
北部の保育士さんからの、
(育休中に学ぶ意欲へ、拍手!!)
『いつまで材料を計ったらいいのでしょう?』

という質問に

『人参や大根は、予め10gに切って、下ごしらえしておくと便利ですよ!』
『ちょうど、人差し指のサイズ!多少違っていても全然問題ないからね〜』
『人参2本で20g、大根1本で10g。これでお野菜3つ分♪』

なるほど。

穏やかに、そして
楽しそうに教えてくださったのは
南部の栄養士さんでした。

とっても分かりやすくて、活用できるアドバイスありがとうございます!

ということで、
宜野湾の、はごろも市場へ。
人参を購入。

色が濃く、表面がツルツルっとした人参を選びました。

早速カット!(指との比較を忘れたことが心残りです)

ほぼ、人差し指のサイズで問題ありませんでした!

最初は11gでした。ぴったり賞が欲しくて、再チャレンジ。

これを蒸すなり、湯がくなりして冷凍。
一気に作っておけば、手間も省けますね!

霜の原因になるため、水分をしっかり切ることも大事です。


指一本の人参
という説明には、感心させられました。

そしてさらに
「他園の保育者同士が学び伝え合うこと」
に喜びと可能性を感じる時間でもありました。

今まで当たり前にやっていることを、言葉にすることで「誰かの役に立ち」「自分の成長を知る」機会にもつながります。

皆さんの振り返りシートを楽しみにしながら、明日もZoomでの講座で、楽しく学んでいこうと思います。

Eさん、咀嚼の話もありがとうございました!
皆さんの実践に支えられたキャリアアップ 研修です。


2020.10.12 がじゅまる情報局

園での困り感に対する手立て〜保護者支援・子育て支援研修より〜

保護者支援・子育て支援研修で、グループワークを行いました。

こちらで出てきた、具体的な手立てについて資料を作成しました。11グループからのデータです。(例を添付します)

11グループが作成したものをダウンロードできますので、園内でご活用ください。

このような形で、話し合いを行いました。

困ったこと(困っていること)→原因→手段→実行するための手立てと計画

の順番で考え、実践につなげていくことが重要です。


2020.01.15 がじゅまる情報局