食べる女

GW♩時間を作って、映画を観ませんか??

この映画を通して、誰かの人生を覗いているような、思い当たる経験があるような、少し懐かしいような。でも少し先の、味のある女性の日々の暮らしに参加しているような気持ちにもなります。

ぜひ、夜にこっそり一人で観て欲しい映画です。


『食べる女』あらすじ

トン子こと、餅月敦子(小泉今日子)は、古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人。

雑文筆家で、とにかく料理を愛するトン子。一人暮らしの彼女の家には、それぞれの悩みや恋や、喜びを携えた女たちが、夜な夜な集まってくる。

男を寄せつけないキャリアウーマンのドド(沢尻エリカ)、ドドの飲み仲間で、安定した恋に飽き飽きしている白子多実子(前田敦子)、小料理屋の女将で、幼なじみの鴨舌美冬(鈴木京香)、など、年齢も職業も価値観もバラバラで、個性豊かな登場人物たち。

女の本音満載の、おいしいくて「わかる!」と叫んでしまいそうな宴が、今夜も始まる。

「食べる女」

監督 生野慈朗

主演 小泉今日子沢尻エリカ前田敦子

助演俳優 山田優

映画脚本 筒井 ともみ

ジャンル ドラマ

オーディオ 日本語


この映画は、仲間や家族とご一緒の場合は18才以上の方で楽しんでくださいね。

Amazonプライムではどの映画やドラマでも、30日間無料視聴できます♩

とにかく映画が大好きです。まとまった時間を作ることも、一つのトレーニング!

月に一度でもこれができるようになると、毎日が充実してきます。

さてさて、明日はインド映画を観ようかな…と雨音を聞きながら胸が躍っています。


2020.05.03 がじゅまる情報局

週末のおすすめ

新型コロナウィルスの影響で、今週末は外出を避けるように。という自治体も出てきました。

健康体だと、なかなか想像が乏しくなってしまいますが、気管支系が弱い人や、お年寄りがいる家族にとっては、とても心配なウィルスです。

子どもたちと日中過ごす保育者が、ウィルスを運んでしまうことがないように、努力したいものですね。


週末に「外出できない」ということは、お家の中でゆっくり過ごせる。ということでもあります。

たまには、お家で映画でも観ませんか?

おすすめの1本をご紹介します。

きみはいい子/2015年

主人公は、
優柔不断で、なかなか行動に移すことができない新米小学校教師・岡野。
近所のママ友たちと表面的には付き合いながらも、苦しさや寂しさを抱え、自分の娘と二人になると手をあげてしまう雅美。
独居が長くなり、自分の衰えに怯える老人・あきこ。

悩みや問題を抱えて生きているおとなと子どもたちの物語です。

それぞれが、人と人とのつながりに生きる光を見いだし、小さな一歩を踏み出していきます。


保護者支援を学ぶほどに、保育園の役割と限界が見えてきます。

それでも、目の前にいる誰かの「より良い暮らし」や「明るい未来」のためにできることを少しずつ増やすことができるのも、保育園です。

お家で過ごすひと時。
週末プランの一つに「きみはいい子」を観ることをおすすめします。

知識や情報とは一味違った気付きがあるかもしれません。


2020.02.28  がじゅまる情報局