30分で明日の保育のヒントを!

10月15日(木)の無料オンライン研修の内容を、動画にしました。

〜30分で明日の保育のヒントを!〜
無料オンライン研修15のまとめ

  • 45歳以上の保育士さんへ
  • ベテラン期に起きる変化
  • セルフマネジメント
  • 目標設定とモチベーション

次回の無料研修 (申し込み不要)

11月12日(木)14:00~30
「おもしろい」ってどんな意味?
 言葉から保育の視点を捉えてみよう。

参加URLや資料については、
がじゅまる情報局LINE@
メールマガジンにて、お知らせいたします。

2020.10.17 がじゅまる情報局

あるがままのアート vol.2

東京藝術大学大学美術館にて開催された

特別展『あるがままのアートー人知れず表現し続ける者たちー』より

今回は第2回目となります。


トゲトゲがたくさんのアート。

澤田 真一(1982年生まれ  滋賀県在住)作

芸術界のオリンピックと評される、第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にも、出展された作品。

37カ国から150人以上の
アーティストが選ばれて開催され、
その中の一人に
澤田真一さんは選ばれました。

既存の教育や
アートの概念
技法にも囚われず

言葉に頼らない澤田さんは

黙々と作品を生み出していきます。

小さなトゲやくぼみの一つ一つから
澤田さんが込めた言葉たちが
伝わってくるようでした。

続いて
魲 万里絵 さんの作品。

魲 万里絵 作

目にしてすぐ
その場を離れることができる人が
いるとしたら
その心境を聞いてみたいと思うほど

インパクトのある作品。

女性の体の象徴の鮮明さと
はさみ
幾何学的な模様
そして
ビビットな色使い。

一つ一つの要素をみれば
さほど珍しいものではないからこそ

その組み合わせと
細かさ
そして全体的な迫力に
圧倒されました。

小さなペンの先に全身全霊を捧げ
作品に成っていく様子を
是非ご覧ください。

あるがままのアートvol.1

公式サイトはこちら
https://www.nhk.or.jp/event/art2020/

美術手帖

2020.010.1  がじゅまる情報局