<待望の新刊!>海をあげる

キャリアアップ研修で、
毎回のようにご紹介させていただいている
「裸足で逃げる」の著者
上間 陽子さんの新刊です。

これまでweb連載を
読ませていただいていましたが

改めて手に取る本は
ずっしりと重く
ざらざらした手触りが
懐かしい包紙のように感じました。


耳の横が
ぞわぁ〜っとなる気持ちを
何度も何度も味わいながら

まるでそこで
私も一緒にインタビューをしていて
登場人物の声を聴いているような
気持ちにすらなります。

2017年8月8日
「裸足で逃げる」を手にした私は
いてもたってもいられず

上間さんに会いにいきました。
その時に
「保育園に預かってもらえる子どもたちは幸せだと感じています。
生活の保障に加え、母親も安心感を得ることができる」

「大人も子どもも育つ場所として、存在していて欲しい」

と、柔らかい表情でおっしゃたことを思い出します。

今思うと、
本書に出てくる娘さんとの
保育園での生活があっての言葉だと
より納得させられます。


キャリアアップ研修を
本当の意味で
保育士自らが
未来を切り開くための
機会にするためには
何が必要なのか…と
探していた頃でもありました。

大人も子どもも育つ。
育てるではなく、育つ。

育つという言葉には
なんだか2本の足でしっかりとたった
土台をしっかりとして
伸びていく姿が浮かんできます。

「育つ」と「巣立つ」の音が似ているからなのか
自分の意志が含まれているからなのかもしれません。


『海をあげる』は

一人の女性を取り巻く
いろいろな人たちの願いや
言葉や感情
そして人生が

ぎっしりとした
おばあちゃんのおにぎりのように
詰まった本です。

上間さんの言葉たちは
どうしてこんなに体の隙間に入ってくるのだろうと
いつも思います。


沖縄の子どもや大人に関わる皆さん。
是非手に取って

沖縄の風景や
日常や
ご自身の思い出を想像しながら
一枚一枚めっくってみてください。


上間 陽子 さん
1972年、沖縄県生まれ。普天間基地の近くに住む。
1990年代から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年の少女たちの支援・調査に携わる。2016年夏、うるま市の元海兵隊員・軍属による殺人事件をきっかけに沖縄の性暴力について書くことを決め、翌年『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)を刊行。
調査対象者に原稿を実際に読んでもらう「読み合わせ」からはじまった本書は、沖縄のいまを伝える作品として大きな反響を呼んだ。現在は若年出産女性の調査を続けている。
                     =ちくまwebより引用=


「裸足で逃げる」はこちら  特設サイト

人参?指一本?

『保護者支援・子育て支援』のZoom講座は「離乳食の進め方」についてのお悩みが多く寄せられました。


何故こんなに、離乳食の進めかたに心配事が多いのだろうと考えてみたところ…

お母さんたちと、保育士の時間の捉え方に大きな違いがあることを発見!

考えてもみると、本の1〜2年前まで、
「子どもと暮らすこと」どころか
「家事をすること」すら
ほとんど経験したことのなかった人が
「親」として暮らし始め
赤ちゃんのペースに合わせながら生活している。のです。


1~2年というと、
小学生で言えば1年生と3年生。

自分の人生で眺めてみると、
「その間にこれだけの成長をしないと…思うと、
なかなかしんどいなぁ」
というのが本音です。

しかも、保育園に通っているお子さんの親御さんとなると、
仕事を持っていることが大半。

子育てしながら働くことを
始めたばっかり。(まずは夜泣きに、保育園の準備に、育休からの復帰に慣れなくては…)

保育園にお迎えに行くなり、
矢継ぎ早に子育てのことを言われても、
まだ頭がパンパン!


そんな、心の声が聞こえてくるお母さん、いませんか?

きっとそのお母さんの中には、
2人の私がいて…

使い分けながらも、
工夫や経験によって、一つの輪になっていくのです。
そのために支援が「保護者支援」だと思いませんか? 
=キャリアアップオンライン研修ー保護者支援・子育て支援 より=

そんな時にやってくるのが、離乳食!

あと1年後なら、少し育児にも慣れて、
保育士さんからのアドバイスも聞けるのに…

とはいっても、
子どもの成長は待ったなし!
1年経った頃には、「イヤイヤ期」真っ只中です。


そして今回

キャリアアップ 研修の保護者支援・子育て支援のZoomで学んだこと…


育休中で受講されている
北部の保育士さんからの、
(育休中に学ぶ意欲へ、拍手!!)
『いつまで材料を計ったらいいのでしょう?』

という質問に

『人参や大根は、予め10gに切って、下ごしらえしておくと便利ですよ!』
『ちょうど、人差し指のサイズ!多少違っていても全然問題ないからね〜』
『人参2本で20g、大根1本で10g。これでお野菜3つ分♪』

なるほど。

穏やかに、そして
楽しそうに教えてくださったのは
南部の栄養士さんでした。

とっても分かりやすくて、活用できるアドバイスありがとうございます!

ということで、
宜野湾の、はごろも市場へ。
人参を購入。

色が濃く、表面がツルツルっとした人参を選びました。

早速カット!(指との比較を忘れたことが心残りです)

ほぼ、人差し指のサイズで問題ありませんでした!

最初は11gでした。ぴったり賞が欲しくて、再チャレンジ。

これを蒸すなり、湯がくなりして冷凍。
一気に作っておけば、手間も省けますね!

霜の原因になるため、水分をしっかり切ることも大事です。


指一本の人参
という説明には、感心させられました。

そしてさらに
「他園の保育者同士が学び伝え合うこと」
に喜びと可能性を感じる時間でもありました。

今まで当たり前にやっていることを、言葉にすることで「誰かの役に立ち」「自分の成長を知る」機会にもつながります。

皆さんの振り返りシートを楽しみにしながら、明日もZoomでの講座で、楽しく学んでいこうと思います。

Eさん、咀嚼の話もありがとうございました!
皆さんの実践に支えられたキャリアアップ 研修です。


2020.10.12 がじゅまる情報局