#こもりびと

先日のZoom講座の参加者の方が
「研修には関係ないかもしれませんが、
ドキュメンタリーが好きで」と教えてくださいました。

関係ないどころか、
「ドキュメンタリーを観ましょう」と
お勧めしていることをお話しし
NHKで放映された『こもりびと』の話なりました。

保護者支援・子育て支援を考える時に
大人の心理や社会のことを少しでも多く知っておくことは
相手への想像力につながります。

「お母さんの周りに病気の家族がいるかもしれない」
「支援が必要な兄弟がいるかもしれない」
「お父さんが仕事がうまくいっていないかもしれない」
など、〇〇かもしれない。
という目を、保育者が持っていることで
保育の押し付けでない関わりを考えることができるのです。


つい先日
沖縄タイムスの連載企画
『独り』をつないで-ひきこもりの像-」が
「貧困ジャーナリズム大賞 2020」
(主催・反貧困ネットワーク)を受賞しました。

とても丁寧な取材が重ねられている記事で
毎回、考える時間を持ちながら読んでいたので
嬉しい気持ちになりました。


当事者の気持ちだけでなく
そこにある社会の構造や
地域の関係性
保育の中でできることを考えながら
読んでみてください。

大好きな母が…中1を“ゲーム漬け”にした辛すぎる現実「ネットなら孤独じゃない」

カーテン奥の「聖域」 気配を消して生きる49歳の苦悩 83歳母、終わらない子育て

沖縄タイムスの記事より(https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/634296)

いろいろなことを知るということは
辛い現実を想像することですが
知ることで自分を役立てることもあります。

日々子どもたちと出会うだけでなく
その子の24時間を想像すること、
家庭を注意深く観察することで
できる「保育」があることも
胸に留めておきたいと思います。


2020.11.27  がじゅまる情報局

おもちゃと素材

先日、おもちゃについて学ぶ機会を持ちました。

おもちゃを買ってもらえない
うちはおもちゃが足りないから…
こどもたちが飽きてしまって…

というお悩みが、よく届きます。

保育士にとって、おもちゃの存在がとても大きく、ありがたいものである事の現れだと感じています。

おもちゃは、もともと
「もてあそぶ」が語源と
言われています。

もてあそぶ ▶︎もてあそび ▶︎もちあそび ▶︎
もちゃ▶︎おもちゃ

と変化してきました。
「もてあそぶ」は『手に持って遊ぶ・いじくる・まじめに扱うべきものをおもちゃにする』という意味です。

慰めのために弄ばれる人や、
物のこともおもちゃと言いますが、

こどもたちにとってのおもちゃは

『あそぶもの』
『発達を助けるもの』
『熱中するもの』
『気付きを得るもの』
『他者との繋がりをうむもの』
『自分の興味と向き合う時間をつくるもの』

など、様々な意味があります。
保育士としては、ここをしっかり押さえておきたいですね。

けんだま。
下の部分がお皿になっていて、初めての私でも、5割成功しました!

おもちゃには、いろいろな素材のものがあります。

プラスチック・樹脂・鉄やアルミ・ブリキ・ガラス
紙・木・布・フェルト 等々

一般的には布や木のおもちゃがいいと言われていますが、そうとも言い切れません。

プラスチックは、軽くて清潔も維持できるので、飛ばすものや、共有するものには適しています。また、自由に作れるので、りかちゃん人形・プラモデル・フィギュアなどのリアルなものを作ることには適しています。

そして、鉄やアルミには、木では出ない音の響きや、冷たい、熱いなどの温度がつたわります。

このように、色々な素材の特性を知っていて、活用することが

保育士の専門性としては大切ですね。ぜひ、色々なおもちゃの素材や、役割についてみつめてみてください。


2020.10.13 がじゅまる情報局