カケヒキの代わりに

メッセージをいただき、ありがとうございます。

”モノ”や”条件”で、大人が子どもと駆け引きをする様子は、珍しいことではなくなりました。


忙しい夕方の時間であれば、早くいうことを聞いて欲しいから。

行事の場面であれば、親が期待した姿を見たいから。

自分よりも優秀に育って欲しいから。


いずれにせよ、大人だけの都合ですね。

残念ながら、保育室でも

「そんなことをする子は、もう知りません」なんて声が聞こえてくることもありませんか?

これはいずれも、子どもの行動や要求に『条件つき』で、対応することです。

無償の愛、見返りを求めない、の真逆の行動とも言えます。

このままでは、
・何かメリットやご褒美がなければ、行動しない
・自分の都合だけを考えて行動する
・行動に見返りを求める

そんな子どもになってしまいます。


では、このような場面を見てしまったら、どのような対応をすれば良いのでしょう。

保護者への対応に加えて、保育者への対応もみていきましょう。

まずは保護者から見ていきましょう。

保護者の場合、行動を禁止したり、否定するだけではかえって関係性が悪くなるので、対応に注意が必要です。

また、なぜそのような関わりをするのかによって、伝えることが変わります。

1・保護者自身が、かけひきしか知らない場合(育った環境も含めて)

他の方法を知らないので
「こっちの方が楽しい」
「モノ以外の喜び」といった価値観を伝えることが、必要です。園内で実践していること。

例えば、時間内で行動することが必要な時は、ヨーイドン!とこえをかけてみる。片付けはゲーム性を持たせてみる。

「うるさくしたら連れて帰らないよ」→「よし、忍者で待ってみよう!」など、保育の中にある”テクニック”を伝えることで十分です。

2・育て方が難しいお子さんの場合

シールや丸をつけるなど、できるようになったことや努力したことなどを可視化し「できたことを確認する」ことを提案してみましょう。

このときも、保育園での実際のやりとりを見せていけると、より保護者が行動に移すことができます。

次に、保育士者の場合をみてみましょう。

保育士の場合も『なぜそのような行動をとるか』といった原因の理解は必要です。

しかし、資格を持って仕事をしているため『保育士としてはやってはいけないこと』として、認識してもらいましょう。

行動を禁止するだけでは、根本的な理解はできません。

保育士としてカケヒキが良くない理由と、適切な対応をしっかりと伝え、実際に行動が変わったかを確認しましょう。

このときに大事なのは、行動を取ろうとする姿勢を認めながら、変化を言葉にしていくことです。


保育士の都合で子どもを動かそうとするほど、かけひきや条件が多くなります。

子どもたちにとって、保育士は絶対権力者です。

保育の基本を見直しながら、子どもたちが夢中になれる遊びや、安心した生活を整えていくことのできる保育者を目指しましょう。


保護者にしても、保育者にしても、ついつい余裕がなかったり、方法を持ち合わせていないと、権力任せに子どもを動かそうとしてしまうものです。

これは、大人の世界でも一緒かもしれませんね。

自分の行動を省みながら、公平な態度で仕事ができる保育者を目指したいものです。

2020.07.07  がじゅまる情報局

「正解」と「最善策」

「これでよかったのでしょうか?」

「正しい方法は、他にないでしょうか?」

「正解を教えてください」

と言う質問を、時々受けます。


人間は、正解を聞いて安心して実行したいし、自分の行いが正しいかどうかを誰かに証明してもらいたいと思うものです。

けれど、保育の日々の中には「正解」はなく、あるのは「最善策」だけです。


下の表を見てみましょう。

保育の中で、チームで仕事をしていたり、子どもたちの声を聞きながら仕事をする場合、保育士の行動や物事に正解を求めることはほとんど不可能です。

みなさん自覚していなくても、どんな時も臨機応変に対応し、自ら考え答えを出しています。それがたまたま、正しいこともあれば、考えが及ばず指導されることもあります。

なぜ保育に正解がないかというと「そこで生活している人一人ひとりの考えや、思いや、習慣があって、日々変化しながら「より良い毎日」をつくっている」からです。


例えば、何かと不安を訴えてくる保護者がいたとします。

お散歩に行くときに蚊に刺されることが不安だ。
集団生活の中で、我が子が虐められたり辛い思いをするのではないか。
保育士は、子どものことをしっかりと受け止めているようには思えない。等々

この場合、保護者に
「それは考えすぎです」
「私たちはしっかりやっています」
などと伝えることは、おそらくないでしょう。

なぜそのように思うのか、保護者の立場になって考え、自分の振る舞いや、クラス運営の状態、そして子どもの言動などについて考えるはずです。

そして、保護者への説明を考え、変えるべき行動を決め、実行しているはずです。

だから「最善策」こそ必要で、その積み重ねで保育の質と、保育士の資質向上が実現できるのです!

2020年も半分が過ぎました。

明日の自分が喜ぶ1日を積み重ねながら、コツコツと自分育てをしたいものです。


2020.07.01 がじゅまる情報局