今、考えていること

外に出る機会がめっぽう減り、PCやスマホの画面を見る時間が増えているこの頃。


気がつくと、自分のこれまでの写真を眺めていました。

遠くに行きたい気持ちを埋めるためのような、当たり前の日々を思い出す作業のような、大丈夫と励まされるような、不思議な気持ちです。

つい2〜3ヶ月前のことなのに…と思いつつ、戻りたいかといえば、そうでもありません。

それは、きっと今できること、コロナ の問題がなかったら知らなかったことや挑戦しなかったことに気持ちが向いているからです。


そして、コロナの問題 が収束したところで、全て元どおりの世の中になるかというと、そうではないと思っています。

今まで当たり前だったことは特別なことになり、なかったものが生まれ、人生を大切にすることを選んだ人が幸せになるような気がしています。

自分の人生をしっかりと選んだ結果、人の役に立つ。

「自己犠牲を美しい」と捉える考え方は、コロナウイルスに退治されているようにさえ思えてきてます。


さぁさぁ、週末です。

毎朝の配信も、少しだけペースが出来て来ました。

朝起きて、自家製豆乳ヨーグルト(オレンジジュースでシェイク)を飲み、字の練習、そして10分Yoga〜がじゅまるチャンネル。

休園中の保育士の皆さんに向けてお話しする30分と、いただく質問が、毎朝の楽しみです。


5月9日(土)まで、休むことなく、健康な心と体で続けていきたいと思います。

植物の作る影が好きです。
野の花を摘むことも、いまは少しだけお休みしています。

2020.04.24 がじゅまる情報局

お休みの日に♩

ツクシの写真が届きました。


ツクシの写真を見て、思い出したのは、1年ほど前、嗅覚がなくなった時期のこと。

何を食べても、味がしないし、匂いがわからないのです。

「いいにおい〜」を共感できないことにも、「美味しそうな匂いにお腹がなるぅ〜」ことがないことにも、「オナラ」の犯人探しに参加できないことにも、寂しく感じていました。なんだか、味がしないだけでなく、味気ない日々だった記憶です。

(苦手な辛いものが平気で食べれることには驚きました。舌はヒリヒリしましたが…)


病院に通ったり、アロマをたいてみたり、マッサージをしてみたり、寝る時間を変えてみたりしましたがよくなることはなく。

嗅覚は、衰えたら戻りにくいと書かれた記事に落胆したこともありました。

それがある時、ふわぁ〜っと、湿った布団の匂いがしてきました。


決していい匂いとは言えなかったけれども、なにより匂いがわかったことが嬉しくて、何度も何度もその匂いを「くんくん」と確かめたことを覚えています。

ツクシの写真から、そんなことを思い出し、ついでにツクシの匂いも思い出し、ツクシを摘む時の水分を含んだ茎のなんとも言えない感触まで思い出し、さらにはホワイトアスパラの食感と似ているな。とまで浮かんできました。(その続きは控えます。)


どんな時でも四季は巡るなぁ。植物はちゃんと生きているなぁ。と、ツクシの写真に見入った午後。

遠くから届いた写真に季節を感じながら、「自分が大事にしたいことが何なのか」を考える日曜日でした。

春を感じる、優しいランチョンマット。
浦添市の(愛称)おばさんの作品です。
ミシン糸二重でのとても繊細な刺繍!
その時のインスピレーションで制作されるそうです。

明日の夜から、youtubeのライブ配信を始める予定です。
限定公開なので、配信前にLINE@でURLをおしらせします。

ではでは、心地よい明日をお迎えください。


2020.04.05  がじゅまる情報局