新人育成って?

新年度が近づき、がじゅまる情報局に届く声にも変化が生まれています。


主任やミドルリーダーからは

・主体的な心を育むためには?
・どんなスキルから育てていけばいいのかな?
・私たちの育成方法は、正しいのかな?

養成校の学生さんからは

・自分の学んできたことが活かされるかな?
・新人に求められていることは何だろう?
・何から身につけていけばいいのだろう…

といった声が届いています。

新人育成における主任やミドルリーダーの役割を3つ挙げるとしたら、

  1. 時間をかけて育てていくものと、すぐに身につけたほうがいいものの整理
  2. 何があっても、園の職員として仲間であること
  3. 新人保育士が素直な心でいられるための信頼関係

です。

一つ一つを細かく考えていくと、主任やミドルリーダーに必要な『スキル』もわかってきます。

園全体での共通の理解を持津ことで、新人保育士に「希望」を持って仕事に当たってもらうことにつながります。


来週は、

  1. 時間をかけて育てていくものと、すぐに身につけたほうがいいものの整理
  2. 何があっても、園の職員として仲間であること
  3. 新人保育士が素直な心でいられるための信頼関係

について、一つずつ説明していきますね。


研修会も企画しました。是非ご参加ください!

お申し込みはこちら

2020.02.21  がじゅまる情報局

言葉のチェック〜子どもへの声掛け編〜

キャリアアップ研修の事後レポートの分析をしていると、なかなか自分の声掛けや対応を振り返ることができないという記載をよく目にします。

そこで今回、全国保育士会の作成した「保育園・認定こども園のための人権擁護セルフチェックリスト」を元に、園内で活用できるチェック表を作成しました。

自分のクラスに、この言葉が出ていないか。お互いにチェックしてみましょう。

オススメは、週の中頃(水・木曜日)あたりです。

今週の状態を振り返り、残りをどのように過ごすかをクラスで話し合うことで、PDCAを回しやすくなります。

ここで大事なのは、一つ一つの言葉が「なぜ良くないのか」ということを考えることです。

例えば「あなたがいけないんだよ」は、喧嘩の仲裁や、ものを壊した時などに聞こえてくる言葉ですね。

子どもの声を聞かず、前後関係、環境構成を予想しないまま「いつもやんちゃだから」とか「なんで壊すの?」と決めつけや苛立ちが起きている証拠です。


下で、ダウンロードできますので、ご活用ください。

皆さまは、「子どもを尊重する保育」のために、どのようなことを心がけているでしょうか。 また、「子どもの人権擁護」の視点から、自らの保育を振り返る機会はあるでしょうか。
保育所保育指針解説においても、「子どもの人権に配慮した保育となっているか、常に全職員で 確認することが必要である」と示されており、保育を行ううえで「子どもの人権擁護」の視点を持 つことは不可欠です。
本チェックリストは、保育の現場で働く保育士・保育教諭である皆さまが、保育を行ううえで重 要な「子どもを尊重する」ことや「子どもの人権擁護」についてあらためて意識を高め、自 らの保育を振り返っていただく ことを目的として作成しました。
自らが 意識をせずに「子どもを置き去りにした保育」や「保育者の都合ですすめる保育」 を行っていないかの自己点検 の機会として本チェックリストが活用され、日々の保育の質の向上 につながることも期待しています。

全国保育士会 保育園・認定こども園のための人権擁護セルフチェックリストhttps://www.z-hoikushikai.com/about/siryobox/book/checklist.pdf

保護者編・行動編も作成しています。随時アップしますね。

2020.01.28 がじゅまる情報局