0.5ミリ

3時間17分の長編映画!
時間を見ただけで、観るまでに少し勇気が必要でしたが

「観てよかった」
むしろ
「観なければならなかった」
と、思わされる作品でした。

監督 安藤桃子
出演 安藤サクラ柄本明坂田利夫

衝撃的な始まり…

流しのヘルパー
おじいさんが去っていく後ろ姿
サワちゃんにかけられる言葉
隠し切れていない
それぞれの持つ優しさ

今の日本にある
様々な人間模様が凝縮されていて
出口の見えない暗闇…

それでも
小さな希望が見えてくる
現実味のあるサワの日常に
クスっと笑ってしまう作品でした。

安藤さくらさんの

体当たりで
健気で
暴力的で
美しい演技にも
引き込まれてしまいます。

2〜3回に分けて観ても
十分見応えのある作品です。


そしてこちらも…

安藤さくらさん主演のこちらの作品から、
「0.5ミリ」に辿り着きました。

先生って、立場ではない。

そんな声が、画面から届いてきます。

2020.12.13  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です