<待望の新刊!>海をあげる

キャリアアップ研修で、
毎回のようにご紹介させていただいている
「裸足で逃げる」の著者
上間 陽子さんの新刊です。

これまでweb連載を
読ませていただいていましたが

改めて手に取る本は
ずっしりと重く
ざらざらした手触りが
懐かしい包紙のように感じました。


耳の横が
ぞわぁ〜っとなる気持ちを
何度も何度も味わいながら

まるでそこで
私も一緒にインタビューをしていて
登場人物の声を聴いているような
気持ちにすらなります。

2017年8月8日
「裸足で逃げる」を手にした私は
いてもたってもいられず

上間さんに会いにいきました。
その時に
「保育園に預かってもらえる子どもたちは幸せだと感じています。
生活の保障に加え、母親も安心感を得ることができる」

「大人も子どもも育つ場所として、存在していて欲しい」

と、柔らかい表情でおっしゃたことを思い出します。

今思うと、
本書に出てくる娘さんとの
保育園での生活があっての言葉だと
より納得させられます。


キャリアアップ研修を
本当の意味で
保育士自らが
未来を切り開くための
機会にするためには
何が必要なのか…と
探していた頃でもありました。

大人も子どもも育つ。
育てるではなく、育つ。

育つという言葉には
なんだか2本の足でしっかりとたった
土台をしっかりとして
伸びていく姿が浮かんできます。

「育つ」と「巣立つ」の音が似ているからなのか
自分の意志が含まれているからなのかもしれません。


『海をあげる』は

一人の女性を取り巻く
いろいろな人たちの願いや
言葉や感情
そして人生が

ぎっしりとした
おばあちゃんのおにぎりのように
詰まった本です。

上間さんの言葉たちは
どうしてこんなに体の隙間に入ってくるのだろうと
いつも思います。


沖縄の子どもや大人に関わる皆さん。
是非手に取って

沖縄の風景や
日常や
ご自身の思い出を想像しながら
一枚一枚めっくってみてください。


上間 陽子 さん
1972年、沖縄県生まれ。普天間基地の近くに住む。
1990年代から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年の少女たちの支援・調査に携わる。2016年夏、うるま市の元海兵隊員・軍属による殺人事件をきっかけに沖縄の性暴力について書くことを決め、翌年『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)を刊行。
調査対象者に原稿を実際に読んでもらう「読み合わせ」からはじまった本書は、沖縄のいまを伝える作品として大きな反響を呼んだ。現在は若年出産女性の調査を続けている。
                     =ちくまwebより引用=


「裸足で逃げる」はこちら  特設サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です