人生、ここにあり!

今回はイタリア映画。

本当にあった物語ということも加勢して

ハッピーエンドであって欲しいと
強く願う作品でした。

監督:ジュリオ・マンフレドニア
出演:クラウディオ・ビジオ
   アニタ・カプリオーリ
   ジュゼッペ・バッティストン
ジャンル:コメディ, ドラマ

誰しもに心当たりがある
日常にある心配事や
些細な偏見

そして
きっかけ一つで物事が大きく変わっていくこと。

この映画の中には
「人間として、大切にされるということ」
「生きていくために必要なことはなんなのか」
「今私が当たり前だと思っていることは、実はとてもありがたいことなんじゃないか?」
という問いかけがたくさんありました。

なかなか暗くなりがちなテーマを
コメディタッチにしてあり、

さらに観た人に
反省も含め考えさせるなんて
陽気と言われるイタリアっぽいですね。

リピート間違いなしの映画になりました。


ああでもないこうでもないと
ウジウジした気持ちになっている時


相手の気持ちを考えすぎて
本来の目的がよく分からなくなってしまっている時

難しいことを言われたと感じて
自分ではできないと思い込んでいる時


泣いたり笑ったり
怒ったり悔しがったり
応援してみたりホッとしたり

私は映画を通して
自分以外の人生を
体験させてもらっています。

とにかく
俳優陣の細やかな演技に
グゥ〜〜っと入り込んでしまい
気がついたら2時間経っていました。


詳細はネタバレなので控えますが
とにかく一人ひとりの個性と変わっていく様が見事です。

是非、ご覧になっていただきたい作品です!

2020.10.29 がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です