『時間がない』から脱そう!

あなたは日々の保育の中で「時間があるなぁ〜」と思うことはありますか?

私は、多くの園で
「時間がないから」と研修を後回しにしたり、
キャリアアップ 研修のレポートの中で
「〇〇が終わったら、取り組みます」と言う言葉を目にしてきました。


保育の中で

「時間がない」と感じる原因は3つ!

1・目の前の「やらないといけないこと」に追われている(雑務に追われている)=時間の浪費

2・雑念が多く、考えがまとまらない
 (優柔不断で決めきらない)

3・目的に向かって必死に努力している
(学ぶことや話し合うことに必死で、いくらでも時間が欲しい)=時間の投資

あなたの時間がない理由は、どれでしょうか?

保育現場の多くの「時間がない理由」は、1番です。
『やらないといけないこと』に振り回されていて、誰も整理しないまま、時間を浪費しています。

これでは、10年経っても時間がないまま、成長もないまま、みんなで老けていくだけです。

そこで大事になるのが『マネジメント』の考え方です。


マネジメントに基本は
『人・もの・資金』をうまく活用して、最大限の効果を発揮すること です。


「産休中の保育士がいて…」
「監査があって…」
「新人保育士が多くて…」

などなど、忙しい理由を探すことに陥っているとしたら、ピンチ!

保育園も認定こども園も、全国共通で基準があります。
つまり、自分の園も目指している〇〇保育園も、同じ条件で運営されているのです。
「時間がない!」から脱して、未来に向かって仕事を高めたいものですね。

南部のある保育園の話です。
今年の3月末に主任保育士になる予定の保育士さんが、小さな勉強会に来られました。
キャリアアップ 研修で、講義を受けたことがきっかけでした。

『このままでは園が成長しない』
『自分自身もまだまだ学んでいかないと』
『組織ってどうやって成長させたらいいのだろう』

と、いろいろなお話をされ、園長先生にも直談判し、この4ヶ月で多くの学びに参加されています。

本人は、まだまだ焦りがあるようですが、園から届くレポートや、オンライン研修へ出席されている様子を拝見すると、劇的な変化が見られています。

たった一人の気付きと行動で、園が活気付き
「みんなで学ぼう」
「できる、できないではなくて、進んでいるか」

を、大切にされている様子が伝わってきます。
決して、時間があるからやっていることではなく、自分たちで優先順位を決め、取り組んでいるのです。

この園の1年後、3年後を楽しみにしながら、私たちも学びが楽しくなる工夫を続けていきたいと思います。


今日はこれから
特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」に足を運びます。

どんなことに出会うか、ワクワクしています。

2020.08.14 がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です