子どもが育つために必要なこと

先日の養成校の授業(子ども家庭福祉)で「子どもが育つために必要なこと」というテーマで話し合いを持ちました。

距離を取りながら、換気をしながら、しかもなるべく話さずに…

もはや伝言ゲームのような、ジェスチャーゲームのような。


ある意味「非言語のコミュニケーションスキル」が問われる時代だと気がつきました。

言葉巧みな人よりも、表情や動き、眼差しで、感情や思考が伝わる時代とも言えます。

今の学生は「乳児保育」や「障害児保育」に必要な”非言語から読み取る力・言語に頼らずコミュニケーションを図る力”が育つかもしれません。


その一部を紹介します。

FaceBook・Instaglamでも記事を更新しています。

自分が育ってきた中で必要だと思ったもの。から広げてみると、出てくる出てくる、面白い言葉!

映画を見て、マップの続きを来週の火曜日に行います。

さらなる広がり、続きが楽しみです。


そして、考えや気づきを共有するために有効なのが、この方法!

子どもたちとのお集まりの時間に、この方法を活用している園もあります。

マインドマップ!

改めて、ご紹介したいと思います。

2020.07.02 がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です