コロナを出さない3原則

保育園は、集団の場です。
予防はできても、何かしらのきっかけで入ってくることはあります。
だからこそ、職員間でルールを徹底し、組織としての保育を行いましょう。



コロナウイルスを出さないために意識することはこの3つ!

一番の問題は、職員が持ち込んで広げてしまうこと。

自分は元気でも、免疫力の落ちている子どもたちや他の職員に移してしまうことは、十分に考えられます。

もうすでに実行していることばかりだと思いますが、長期戦に差し掛かり、少し気が緩んでくることもあります。

職員同士、お互いに声を掛け合いながら、安心できる環境を整えましょう。


そして…専門職とし手の心構えを持って、お洒落のための買い物や、娯楽、帰省している友達などとの面会は控えてください。

保育士のちょっとした甘さで、こどもたちがコロナに感染してしまわないように…


一人ひとりの心がけと、園内での協力体制によって、1日も早く平常の保育に戻れることを願っています。

2020.04.06  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です