子どもをとらえることの手助けが欲しい時に。

20代の頃

「子ども主体ってなんだろう」

「一人ひとり違うっていうことはわかっているけれど、集団であることは避けられないし」

「生活の中で学んでいくと言われても、何か教えないと子どもは育たないのではないか」

と、悶々と考えていた時。


「そういうことか!!」と、なんとも言えない納得感と、出会えた喜びを感じた絵本があります。

イエペは ぼうしが だいすき


それはもう、衝撃でした。

イエペは、帽子の大好きな3歳の男の子です。

デンマークのコペンハーゲンの街で育っています。

絵本の中にイエペの日常をとらえた写真たちが次々に出てきます。


「好き」ってこういうことなのか。

「集団とか個人とか、堅苦しく考えていたな」

「保育園の中で”暮らす”って、こういうことなのか」

カチコチだった私は、イエペに教えてもらいました。

1978/12/17に出版された絵本。

40代になったイエペは、今もぼうしをかぶっているのかな?何て考えてみたりもします。

2020.01.16  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です