未来の保育士の「お庭」から

小雨の降る寒い日に、とある専門学校にお邪魔しました。

幼稚園が併設している専門学校で、教室からは園庭も見えます。

樹齢100年以上の樹もあり、敷地以上の広さを感じる園庭です。


そこの専門学校は、独自の科目として「園芸」を取り入れているとのことです。

帰り際には、学生さんが作った、こんな立て札にも出会いました。

この学校を卒業した保育士さんが、当たり前のように、

子どもたちと一緒に花壇を作ったり

お散歩の時にお話をしたり

食事の時に、野菜の話をしたりする姿を想像しながら、帰路につきました。


2019.11.29  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です