一歩一歩、ミドルリーダに。

ミドルリーダーと一口に言っても、役割は園によって様々です。

タイプを分類してみると…

  1. 次期主任としての配属
  2. クラスリーダー(担任)がメイン
  3. 園内研修・子育て支援など、特定の役割が中心
  4. 全体の調整役としての配置
  5. 1~4の全てを担っている
  6. その他

クラスでの仕事がメインだったはずが、いつの間にか「ミドルリーダー」に配属された方も多いようです。


ここでポイントなのは…

自分の役割をはっきりとさせ、目的を持って日々の仕事に取り組むこと。

  1. 目的地を決める
  2. 目的地までの地図を描く
  3. 目的地まで歩く

組織の中での役割ですので、「園長・主任」との合意のもと、必要な仕事を備えていくことが重要です。

  • 自園において必要な役割
  • 役割を果たすための、具体的な仕事
  • 仕事を行うためのスキル
  • スキルを身につけるための方法

といった具合に、考えを進めてみましょう。

<例:ミドルリーダーA>

役割:園内研修を充実させる

具体的な仕事:園内の課題を見つけ、取り組む優先順位をつける。伝わりやすい園内研修を行う。

スキル:課題を抽出する観察力。(感情で判断しない力)様々な園内研修の手法を持つ。(場面・対象・内容に合わせてアレンジする。)

スキルを身につける:保育指針、本、園外研修などから、自園を見直し、課題について、園長や主任と話し合いを重ねる。他


必要なこと、やるべきことを整理して、一歩一歩進んでいくことが、何よりの自己研鑽だと言えます。


10月に入り、本年度も後半戦です。


文字で伝えきれないことが、非常にもどかしいです。

11月より、CREATIVE CONSENT 主催のマネジメント研修を実施することが決まりました。

改めてお知らせしたいと思います。

2019.10.02 がじゅまる情報局

「一歩一歩、ミドルリーダに。」への2件のフィードバック

  1. こんにちは いつも記事読ませていただき参考にしてます。
    私は保育リーダーで 子育て支援を担っていますが うまくいかず 地域の方に
    園庭開放を試みましたが 先月は誰も来ず‥
    どのようにしたらいいのかわからないまま時間だけが過ぎていくばかり
    どのようにしたらいいのか自分でもわからないです

    1. コメントいただきありがとうございます。
      参考にしていただいて、とても嬉しいです。
      先日、小さな勉強会でも「園開放がうまくいかない」というお悩みが上がってきました。

      ポイントは
       1・対象、時期、広報の方法 の3つの条件が揃うこと。
       2・即効性を期待しないこと(3〜4回目から効果が出る。くらいで考えてみてください)
       3・身近な人に、参加を呼びかけて、意見をもらうこと  です。

      特に3は、産休中の同僚や、職員のお知り合いの方に声をかけてみて、協力してみるといいです。
      初めての親子が来る前に、シミレーションをしてみてください。

      子育て支援の研修も控えているので、そこでお話ししたことも、またおしらせしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です