グループ・ワークの知識とスキル

園内研修を実施する上で、知っておくと心強い知識の一つに『グループワーク』があります。


模造紙を使ったり、ワークシートを活用したりと、方法はいくつもあります。

しかし、グループワークを行う際に「なぜグループワークをするのか」ということについて、説明されていないことが多いようです。

今回は、グループワークの特徴についてまとめてみました。

つまり、グループワークを通して、色々な価値観や考え方を知った上で、共通認識を持つことにつながります。

そして「考える、話す、聞く、考える」のサイクルを回すことができるため、コミュニケーション力の向上にもつながります。


とはいえ、グループワークを進めていく上で、注意が必要なこととしては以下の5つがあります。

1・話が広がりすぎること

2・誰か一人の意見や考え方に振り回されないこと

3・雑談になってしまわないこと

4・本筋からずれた時の修正

5・議論に必要な単語を、キャッチすること


出勤時間の95%の時間は、子どもたちとともに暮らしている保育園。

園内研修や、大人同士の話し合いに時間が割けないからこそ、効果的な園内研修を追求したいものです。


次回は、

1・話が広がりすぎること

2・誰か一人の意見や考え方に振り回されないこと

の注意が必要なことについて、効果的な対応をお伝えしたいと思います。

園内研修を実施される時の参考にしてみてください。


2019.09.11  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です