月初めに。

夏になると、あちらこちらで目にする「セミの抜け殻」

ある時は、放置された自転車の車輪で、脱皮する姿を見つけたこともありました。

移動中だったことも忘れ、しばらく観察したことが、蘇ってきます。


昆虫、鳥、種から生まれる植物…

自然界の中には、それまで守ってくれていた、「固い何か」を破って、新しく飛び出すものが、たくさんあります。

その様子は、とても神秘的で、みずみずしいものです。

外気に触れた新しい姿は、弱々しさを備えながらも、生きていこうとする力にあふれています。


私たち人間の大人も例外ではないですね。


新しい月が始まりました。

そして今日は、一粒万倍日。

一粒の籾が、万倍にも実る稲穂になる。という意味を持つ日です。そして、新月でもあります。


種をまきながら、今起きていることに感謝して、過ごす日にしたいと思います。

2019.08.01  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です