気付かせてもらったこと。

『勉強』と言う言葉には、 物事に精を出すこと。努力すること。 経験を積むこと。

と意味もあります。

「保育」という共通の仕事を持った人たちが、自分の時間を使って、自分の意思で集まってくる『小さな勉強会』は、昨日も、新しいことを運んできてくれました。


年齢や、忙しさや、自分の不甲斐なさなど、すべての逃げ道を自ら排除して、

「どうしたらもっと良くなると思いますか〜?」

と、ぶつけてくるKさん。(ミドルリーダー!)

私*「う〜ん、私なら、こうするかな。ちょっとまって、こんな考え方もあるか…」

Kさん*「そうかそうか!確かに子どもたちには、そうやって対応していたけれど、大人に対してやってみたことはないです!やってみよう!」

こんな感じで、次々と自分で答えを出していき、一緒に参加していた周りの保育者に見守られながら、開拓していく姿は、お見事です。


自分が困っていると、

 先輩なのに、どうしてわからないの?

 言葉が伝わらない…

 何度も同じこと言っているのに!

なんて、誰かのせいにしてしまいがちです。

1日のうちに、何度もそんなことを思ってしまうこともあります。

大人に対してならまだしも、子どもたちのせいにしてしまうこともあるのではないでしょうか。

自分を変えるのは、自分!

「えい!」と、ひっこぬくことで、「な〜んだ、やってみると意外と簡単!」と思うことも多いものです。


「仕事に必要なスキルを身につける」と言う意味の『研修』とは違った、「自分が生きていく上で、必要な時間」になるように、『勉強会』と名付けたことを、もう一度考えてみました。

自分自身を振り返ったり、明日に向かう心を決めたり、時には愚痴っぽくなっても自分で答えを出せるような「勉強会」でありたいと思います。

そのために、私たちができることは…


6月の3回の小さな勉強会のおかげで、今日もCREATIVE な社内会議ができました。


7月の小さな勉強会は、

 ・10日(水)・ 11日(木)・25日(木)19:30~21:00の予定です。

初めての方も、また来たよ〜!の方も、お待ちしております。

2019.06.20  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です