「豊かさ」ってなんだろう。

保育目標でよく見かける言葉の一つに、「豊かな心」があります。

生活の中でも聞き慣れた言葉ではありますが、さて「豊か」って、どうゆうことだろう…と、改めて考えてみました。

辞典では、以下のように説明してあります。


  • 満ち足りて不足のないさま。十分にあるさま。
  • 経済的に恵まれていてゆとりのあるさま。
  • 心や態度に余裕があって、落ち着いているさま。
  • 量感のあるさま。
  • 他の語に付いて、基準・限度を超えているさまを表す。

なるほど。説明はわかりました。

物質的なものか、精神的なものか、人から言われるものか、自分で感じるものか…いろいろな考え方があると思います。


私は、

  • 誰かから与えられるものではなく、自分自身が感じるもの。
  • 自分の力で、生み出そうとするさま、その時間に得るもの。

だと、自分の中で、答えが出ました。


私の豊かさは、

ただなんとなく穏やかに過ごすことではなく、悲しいことや悔しい事、辛い事もあるけれど、そこに向き合いながら、昨日の自分と違う自分になること。

です。


物も情報も与えられやすい現代において、自分で獲得したことや、ゆとりある時間を過ごすことこそ、「豊かさ」なのかもしれません。

今日1日の中で、「豊かさ」を感じるものが、何か見つかることを願っています。

2019.06.17 がじゅまる情報局

「「豊かさ」ってなんだろう。」への2件のフィードバック

  1. とても考えさせられるお話ですね。
    私も、「豊か」という言葉には、葉や実が生い茂る田畑に例え、生命のエネルギーを限りなく放出させ、集まってくる生物に栄養を与えている様をイメージしました。
    ・自らあらゆる欲求に働きかけを起こし、平穏な心を作り出す。そして他者に目を向けられるゆとりがある様。
    と考えました。
    これは、いろんな人の意見も聞いてみたいですね!

    1. コメントありがとうございます。
      植物の実りが、その他の生物に恵みを与えている様。といったところでしょうか。
      確かに、自分自身が満たされていくと、自然と他者への影響も大きくなってきますね。
      どうしても、人のため、とか、何かのため。と、自分を満たすことを後回しにしがちですが(特に保育という仕事上・・・)自分自身を満たすことが、一番必要なことかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です