楽しい、こだわり。

研修のコーディネートや、園内研修の仕事をしていると、レポートを返したり、請求書を送ったすることも多く、結構な量の”ゼムクリップ”を使います。

100均やコンビニなど、500メートル圏内で手に入る定番商品で、なくなってもさほど焦ることなく用意してきました。


しかし今回! 

「うちの会社のクリップはこれにしよう!」と決めました。

出会ったのは、図書館に併設されているショップです。

全く意識していないところで、理想の色と細さのクリップに出会い、浮かれ足で事務所に帰ったことは、言うまでもありません。

郵送の作業が、これからますます楽しくなることも、喜ばしいことです。


相手が手に取った時に、気付くかどうかもわからないことに、こだわってみることは、日常の楽しみを増やすことです。

子どもたちの生活=保育であるからこそ、普段使うものに、ちょっとだけ自分なりの意図を添えてみることで、何かしらの影響が出るかもしれません。

例えば、連絡帳に貼る付箋の色にこだわってみる、ティッシュを柔らかいものにしてみる、マスキングテープの柄を「かわいい!」 以外で選んでみる、とか。

ぜひ、あなたなりの「これ、いいでしょ〜!」 を取り入れてみてください。


今日も、楽しい保育が迎えられますように。

2019.04.15  がじゅまる情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です