アルキメデスの大戦

監督:山崎貴
  (3丁目の夕陽・永遠の0)
出演:菅田将暉, 舘ひろし
   柄本佑

とにかく目の前のことに
最大限、向き合う。


信じるだけでは
救われない。

信じて行動することに
価値が生まれる、かもしれない。

観たい観たいと、
勿体ぶって
観ていなかった作品。
(大事に取っておいたとも言える…)


俳優陣の豪華さもさながら

戦争をドラマチックにも
ただ恐ろしいだけのものにもせず

天才数学者が突き進んでいく姿が
走り抜けていく
気持ちのいい映画でした。

個人的に

柄本佑さん演じる
田中少尉の
青年らしい心と
行動の移ろいが
この作品を
現代人にとって身近な作品に
してくれたような気がします。


戦争映画にありがちな

極端な美化や
歴史の教科書のような視点
恐怖感の煽り

を感じなかったことも新鮮でした。

アルキメデスは、テコの原理や、浮力の原理を発見した古代ギリシャの数学者。
アルキメデスは、金の王冠に、銀が混ぜて作られていないか調べるようにと依頼され「ないかいい方法はないか」と頭を抱えていた。
ある時、浴場へ行くと浴槽に入った際、自分が湯船の中に浸かった分だけ、お湯があふれだすことに気が付く。
すると、いきなり浴場からとびだし「ヘウレーカ!ヘウレーカ!(わかったぞ,わかったぞ)」と叫びながら真裸のまま自分の家へ飛んで帰ったと、いい伝わっている。

『そうゆうことか』と、
映画自体が
数式のように綺麗にハマっていきます。

これも脚本家の意図でしょうか…?

2020.10.24 がじゅまる情報局

30分で明日の保育のヒントを!

10月15日(木)の無料オンライン研修の内容を、動画にしました。

〜30分で明日の保育のヒントを!〜
無料オンライン研修15のまとめ

  • 45歳以上の保育士さんへ
  • ベテラン期に起きる変化
  • セルフマネジメント
  • 目標設定とモチベーション

次回の無料研修 (申し込み不要)

11月12日(木)14:00~30
「おもしろい」ってどんな意味?
 言葉から保育の視点を捉えてみよう。

参加URLや資料については、
がじゅまる情報局LINE@
メールマガジンにて、お知らせいたします。

2020.10.17 がじゅまる情報局